哀愁自悠人のふぉと つれづれ

ふと出会うシーン・・・   その感動の一瞬を・・・
Top
タグ:グルメ ( 9 ) タグの人気記事
|
|
2012年 01月 03日 |
その昔、年貢として納められ公儀御用魚と言われたワカサギ。
少し早いが、琵琶湖湖北、余呉湖へ出かけワカサギ釣りを堪能した。
道中、高島市マキノ町の閑静な山麓にある白谷温泉で天然ラドンを吸入し、身も心も解きほぐし、
ここで教わった人里離れた在原の里にある業平蕎麦で十割蕎麦を楽しんだ。

天ぷら、マリネ、ホイル味噌煮、甘露煮・・・・・・正月の肴はつきない。


余呉湖風景
f0231441_2264425.jpg


滋賀県 長浜市


More
[PR]
2011年 06月 07日 |
神戸三宮、北野坂の一本西の通りのビル階段を降りた所に風情のある入り口。
日本料理割烹であるが扉を開けると、ラ・トゥール、ル・パン、ムートン・ロートシルトにオー・ブリオン・・・・・・・。
店は右に白木カウンター、左に座敷。清潔感が溢れる。
出汁の味が美味く、食材の味が生かされている。良い昆布や鰹が使われているのだろう。
大将(馬頭さん)自ら出身地である『加西』まで食材を求め、旬に凝った素材と器を使った丁寧な仕事が嬉しい。
品書きには「前菜、お椀、刺身、焼き物、煮物、食事、デザート」とだけ、その時々の食材が楽しみである。

2011年 ミシュランの星二つを獲得した割烹 帰りにもう一度セラーで目の保養をした。

f0231441_19433729.jpg

兵庫県 神戸市


More
[PR]
2011年 05月 04日 |
菜の花が満開の頃、ワイン用に育てられる葡萄の新芽が芽吹く。
「ワインまつり」に出掛け、白ワイン用のシャルドネ種を搾った無添加、無加水のジュースを味わった。
キンキンに冷やすと透き通った黄金色は香りが良く立ち、味わいが深まる。
コンコードやナイアガラ等の葡萄ジュースとは一線を画するものである。

このまま酵母を加えると発酵してワインに生まれ変わるが、色と味が年によって違いワインの試金石となる。

f0231441_22583738.jpg

兵庫県 神戸市


More
[PR]
2010年 09月 20日 |
食欲の秋である。食品売り場の食材コーナーにおいしいものがたくさん出回る季節になった。
秋を感じる『秋の味覚』」は人それぞれであろうが、秋刀魚、松茸、クリ、リンゴや梨が店頭に並ぶと秋を感じる人が多いという。
我が家では、秋の味覚をより一層引き立てる徳島のスダチが旬の味覚として欠かせないのである。
猛暑が続いた今年の夏、ハウスものは早くから出ていたが、やはり、太陽の光を存分に吸い込んだ果汁たっぷりの露地ものスダチが待ち遠しかった。
「そろそろ収穫時」との有難い情報とお誘いに、まだまだ暑い日中の作業を避け涼しいうちに収穫する為、早朝、本四道路を一気に駆け抜けた。

スダチ、鳴門金時、原木椎茸、天然鮎、天然鰻・・・・やっぱり旬の食材に出合うとどこか嬉しい気分になる。


f0231441_15354344.jpg


徳島県 小松島市


More
[PR]
2010年 07月 12日 |
体力の許容範囲を超えると、自然と肉体が「ちょいと一杯」を欲する。
で、今日は路地裏を散策がてらに居場所を探す。
どこにでも必ずある風景。毎晩のように繰り返される宴。皆それぞれ悲喜こもごもって感じですね。
路地角に椅子と樽テーブルを見つけた。飾りなのか小さな待合コーナーなのか・・・・・・・・・・。
蚊に刺されるのか、しっかりと蚊取線香が置いてある。ついでにワインも果物も・・・・気が利いている。
サッカーの興奮も醒めやらない今、この文字は??? トゥーリオ?・・・・・いや鳥・魚らしい。
店内の酒と料理と会話を楽しむざわめき、というよりこの際、妙なるBGMですな。
オシャレです。店の兄さん二人も好印象。色んな種類の料理が楽しめる。本日のタパス!は、なんと1000円。
ワインとこの盛り合わせだけで満足、満足。


f0231441_21293272.jpg

兵庫県 神戸市


More
[PR]
2009年 12月 12日 |
f0231441_16183847.jpg

兵庫県 篠山市

 自ら作った素材を料理することにこだわった父親の思いを継いで、三人の兄弟が「どぶろく」造りや囲炉裏を囲んで食材を楽しめる「いわや」を同市火打岩にひらいた。
 店にたどり着くまで心配しながら(山奥)の訪問であったが、料理と雰囲気はなかなかのものであった。

More
[PR]
2009年 11月 03日 |

f0231441_20365399.jpg

大阪府 大阪市

 街中のこじんまりとした店でフランス料理を楽しんだ。
 ホスピタリティー、料理、快適性、施設、予算など満足のゆくものであった。

More
[PR]
2008年 11月 24日 |
f0231441_2011076.jpg

兵庫県 丹波市

 からだに優しい大地の恵み・当地域、丹波の新鮮食材を使った本格イタリアンを楽しんだ。
 丹波を軸に豊富な食材を抱えるこの地域に支えられ、季節の移り変わりや土の力強さ、優しさを感じる料理である。のんびりとした時の流れる町家で楽しむイタリア料理は、独特の雰囲気を醸し出す。

More
[PR]
2006年 11月 18日 |
f0231441_11553838.jpg

兵庫県 丹波市 

 ドイツ料理を楽しんだ。
 日本の田園風景を過ぎるて敷地の門をくぐると、風景が変わる。
 建物、調度品は現地のものが使われ、ドイツ北部に見られる景色の様です。小川、教会・・・。
 肉料理は、日本人風にアレンジされ、牛、猪、鹿肉が楽しめる。

More
[PR]
Skin edited by Smitty
Simple Left Black Skin by Sun&Moon